So-net無料ブログ作成
検索選択

下剤三昧(上から下から 内視鏡) その1

ずいぶん間が開いてしまったので
あわててアップしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過日、3年前の食道ガン、
半年前の大腸ガン術後の再検査のため
2泊3日の検査入院を終えて帰宅しました。

先生のご提案で、
「一気にやろう!」ということになり、二つ返事で承諾。
昨夏の大腸ガン手術は、もちろん入院してのものでしたが、
大量の下剤服用への恐怖感があったからです。

それが見つかったときの内視鏡検査では、
検査日早朝から自宅での下剤服用で、ひどく苦労したものですから
今回は入院した方が気持ち的にもラクなので
私の方から「お泊まり」をお願いしました。

1日目は
食道・胃の内視鏡ですので。朝から禁飲食。
入院手続きは午前9時に済ませ、
消化器内外科のある病棟ナースステーションで申告します。
顔なじみ?の看護師さんから声がかかりました。
「お久しぶりです。前回も担当しましたよ。」

この3年で手術も含め5回になります。
顔も覚えられるわけですね。

ベッド周りサイン1小.jpgベッド周りサイン2小.jpg
常食1小.jpg手首バンド.jpg

食道・胃の内視鏡は絶飲食だけですので、とても楽です。
恐いのは2日目の大腸内視鏡検査。

1日目の夕食は「大腸検査食」というものでした。食事のあとには、前もって飲む下剤。

大腸検査前食.jpg
大腸検査前下剤.jpg

夜の21時消灯はきついのですが、病院の日課ゆえ仕方りません。
持参した寝る前に飲む薬は、ほとんど効かず3時間後には目が覚めました。

これが今回の下剤。

恐怖の下剤.jpg

この下剤、最近変わったとか。
容器がペットボトルになりまして、上部にコップがついています。

1カップに1/4原液?を入れ、
あとは3/4水を注ぎ、薄めたこの1杯を15分かけて飲みます。
コップには
原液?を入れる赤の目安の線があるので入れやすいです。

飲み始めると、やめられません。
どんなに口に合わなくても飲みきらねば・・・・。
2時間かけてボトル+水を空けます。
8時から10時までの2時間で飲みきりました。

やがて症状が・・・・・。
病室の私のベッドから徒歩14歩のトイレに駆け込むこと、19回。
これを記録します。

下剤服用進捗状況.jpg

最終的には
看護師さんのチェックを受けねばなりませんので
これまでの経験?を活かし、透明度が十分確認できてから呼びに行きます。

「ああ、いいわね、OK!
これで合格。内視鏡検査の準備が終わりました。

(つづく)

nice!(5)  コメント(4) 

nice! 5

コメント 4

馬爺

お大事にしてください。
by 馬爺 (2017-03-02 08:55) 

ちずのこ

馬爺 さま

niceとコメント、ありがとうございました。

いつも大騒ぎしているわりには
さほど深刻な状況にならず「オオカミ少年」?のよう。
でも、先生も連れも支えてくれるので
何とか元気そう?に暮らしています。

by ちずのこ (2017-03-02 10:39) 

ヨッシーパパ

一度にと言うのは、上から下まで全てだったんですね。
変な言い方ですが、とても手慣れてきましたね。
今回も良い結果が出ることを、お祈り申し上げます。
by ヨッシーパパ (2017-03-02 19:42) 

ちずのこ

ヨッシーパパ さま

niceとコメント、ありがとうございました。

慣れましたね、確かに。

でも、下剤2リットルは責め苦です。
せめて、レモン味とか
ワイン風味、ビール味ならいいのですが、
改良された?とは言え、ダメですね。

「難問ほど 燃えます」の私としては、
半ば意地になって呑み込んでおります。

一杯飲むごとに、
お茶を一口飲んでお口直しをいたしますと
何とかやれます、と申しても役立ちませんね(笑)。

by ちずのこ (2017-03-02 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。